インディカー:アイロットがマルーカスに変わってアロー・マクラーレンのテストに参加

Ilott To Test with Arrow McLaren This Week at Homestead(IndyCar.com)
アイロットがマルーカスに変わってアローマクラーレンのテストに参加(こちら GAORA SPORTS インディカー 実況室)

2023シーズンはフンコスホリンガーレーシングからインディカーシリーズにフル参戦していたカラム・アイロットはホームステッドで実施されたアローマクラーレンのオフシーズンテストに参加。先日自転車の転倒で手首を負傷し手術を受けたデイビッド・マルーカスに変わってテスト走行を行いました。

マルーカスは3月10日(日)に行われる開幕戦への参加も危ぶまれており、チームは代わりとなるドライバーの選考を進めていました。

マルーカスはマウンテンバイクの事故で左手首を脱臼し、靭帯も裂傷したため、2月13日に手術を受けました。チームの発表によると、マルーカスの回復には2月22日の抜糸から6週間ほどかかるとされています。

アローマクラーレンのチームプリンシパルであるギャビン・ウォードは「チームはデイビッドの迅速な回復を願っています。同時に6号車に関してはいくつかの選択肢を検討しています。先週、アイロットはシートフィッティングを行い、ホームステッドでのテストに参加し、その後に開幕戦の体制を確定する予定です」とコメント。

英国出身のアイロットは、2022年と2023年にフンコスホリンガーレーシングからインディカーシリーズにフル参戦。これまでのベストリザルトは2023年開幕戦のセントピーターズバーグと最終戦のラグナ・セカでの5位でした。

アイロットは「デイビッドとチームの状況は大いに気に留めています。シーズン開幕直前というのは特に厳しい状況ですが、デイビッドの早い回復を願っています。今はチームの手助けができることを光栄に思っています。アローマクラーレンにはこの機会を考えてくれたことに感謝しています」とコメント。

マルーカスは、インディカーシリーズ参戦3シーズン目。昨年までの2シーズンはデイルコインレーシングw/HMDモータースポーツから参戦し今シーズンからアローマクラーレンに移籍。ベストリザルトは2022年ゲートウェイでの2位で昨シーズンもゲートウェイ3位フィニッシュしています。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2024 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

F1で勝つ選手輩出へ。ホンダで戦い続ける佐藤琢磨が伝えたい、“最前線”の争いに求められる突破力

F1で勝つ選手輩出へ。ホンダで戦い続ける佐藤琢磨が伝えたい、“最前線”の争いに求められる突破力(autosport web)

 ホンダ・レーシングのエグゼクティブアドバイザーに就任した佐藤琢磨。

 琢磨はすでにホンダ・レーシング・スクール(HRS)のプリンシパルに就任していますが、これも世界のトップフォーミュラで戦ってきたからこそ。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2024 - ジャンル : 車・バイク

タグ : F1IndyCarインディカーインディ500佐藤琢磨

インディカー:2024年最終戦がオーバルのナッシュビル・スーパースピードウェイへ変更

Season Finale Shifting Gears to Nashville Superspeedway(IndyCar.com)
最終戦がオーバルのナッシュビルスーパースピードウェイへ変更(こちら GAORA SPORTS インディカー 実況室)

現地2月14回、ナッシュビルを拠点とし、シリーズ最終戦のナッシュビル・ミュージックシティGPを運営するビッグマシンレーベルグループの会長兼創設者であるスコット・ボーチェッタ氏は、引き続きイベントのサポートを継続するとともに、ダウンタウンに設営される予定だった市街地コースから、ナシュビル郊外にあるオーバルトラックのナッシュビル・スーパースピードウェイに開催地を移すことを発表しました。

ボーチェッタ氏は発表の場で「新しいタイタンズ・スタジアムの建設開始に伴い、今年はこれまでとは大きく状況が変更される予定でしたが、新たな課題に直面することが判明しました。スタジアムの建設工事に伴ってこれまで3年間で使用されてきたコースは使えなくなり、代わってナッシュビルのダウンタウンを走るコースに変更される予定でした。しかし、イベント運営にあたって参加チームが必要とする十分なスペースの確保や、多くのファンが来場するための適切な導線の確保に課題が見つかりました。これらの課題解決に関しての多く見通しが不透明で、2024年のレースをナッシュビル・スーパースピードウェイに移すことが決定されました」とコメント。

今回の決定に対してナッシュビルのフレディ・オコネル市長は、「ミュージックシティグランプリは単なるレースと言うだけではなく、ナッシュビル街全体のお祭りイベントです。再びレースがダウンタウンに戻ってくることを楽しみにしています。私は過去3回のミュージックシティグランプリレースを観戦しましたが、ビッグマシーンレーベルグループのナッシュビルに対する継続的な取り組みには素晴らしいものがあります。ナッシュビル・スーパースピードウェイでのレースは、今年のイベントに新たな楽しみをもたらすことになるでしょう」とコメントしています。

インディカーシリーズでは、2001年から2008年まで、1周1.33マイルのD字型オーバルコースであるナッシュビルスーパースピードウェイで8レースを開催。スコット・ディクソンは2006年から2008年までに3連覇を果たして、このオーバルを制した最後のドライバーとなっています。

インディカーシリーズの最終戦がオーバルトラックでのレースとなるのは、2014年のカリフォルニアスピードウェイ以来10年ぶりとなります。今回の決定に伴い、インディネクストの最終戦も同じくナッシュビルスーパースピードウェイでの開催となります。





(追加)
2024年インディカー最終戦ナッシュビルの開催地が変更。シーズン終盤がオーバル3連戦に(autosport web)

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2024 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

インディカー:ウェルドン息子弟のオリバーが四輪レースにデビュー

ウェルドン息子弟のオリバーが四輪レースにデビュー(こちら GAORA SPORTS インディカー 実況室)

現地2月7日にアンドレッティ・グローバルは、ダン・ウェルドンの2人の息子の弟であるオリバー・ウェルドンをジュニア育成ドライバーとして2024年のスキップバーバーレースシリーズで四輪レースにデビューさせることを発表しました。

12歳のオリバーは15歳のセバスチャンの弟で、カートレースで早くもその才能を発揮し、SKUSAウィンターシリーズ(2020年、2022年)とRokカップFWT(2020年、2021年)でチャンピオンタイトルを獲得しました。

オリバーの兄のセバスチャンも、2023年にアンドレッティグローバルの育成ドライバーとして加入し、スキップバーバーシリーズに参戦してチャンピオンとなり10万ドルの奨学金を獲得。今シーズンはインディカーへのステップアップカテゴリーであるUSFジュニアシリーズへの参戦が決まっています。

オリバー・ウェルドンは「今シーズンにスキップバーバーでレースができることとても楽しみにしています。これまでのカートレースからの本格的な四輪レースを学ぶのにスキップバーバーシリーズは最適なレースだと思います。そのレースで昨年チャンピオンになった兄のセバスチャンからアドバイスを受けることも大きいです。アンドレッティ・グローバルとゲインブリッジのサポートには本当に感謝しています」とコメント。

スキップバーバーレーシングシリーズは、元F1ドライバーのスキップ・バーバーによって1975年に開設されたレーシングスクールで、創節以来、40万人以上の生徒が卒業しプロレースの世界へステップアップしていっています。

現在はUSFジュニアシリーズへのステップアップ保証する10万ドルの奨学金をかけた、スキップバーバーフォーミュラレースシリーズを主催しています。



SKIP BARBER FORMULA RACE SERIES

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2024 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

EPSILON

  • Author:EPSILON
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 角田裕毅 スーパーアグリ eスポーツ eSports 中嶋一貴 武藤英紀 NASCAR 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-