インディ500:スーパースピードウェイ用の新パッケージ

スーパースピードウェイ用の新パッケージ(こちら GAORA INDYCAR 実況室)

 2019年第103回インディ500で使用されるエアロパッケージに変更が加えられます。

【フロントウイングメインプレーンの形状を変更】
メインプレーンのエンド部分がU字型にカットされます。エンドプレートの形状には変更はありません。
U字型にカットすることによって流速が高くなり、フロントダウンフォースが増加するということです。
これまではエンドプレートに向けて緩やかなカーブを描いていましたが、その部分がバッサリとカットされた形になりました。すべてのチームはこのメインプレーンを使用しなくてはなりません。

【フロントウイングエクステンション】
昨年のポコノで導入されたフロントウイングエクステンションの使用が許可されます。仕様の選択はチームの判断に任され、左右両方に装着するか、左右どちらかだけに装着するかもチームの判断となります。

【ガーニーフラップの装着】
前後それぞれのウイングにガーニーフラップの装着が許可されます。ガーニフラップは前後それぞれ長さの違うものがあり、選択はチームに任されます。ガーニーフラップを装着するとダウンフォースはアップしてコーナーリングはより安定しますが、ドラッグは増えてストレートの伸びは鈍くなります。

昨年はインディ500史上最高気温となり、空気の膨張によってダウンフォースが下がってしまい、接近戦が非常に困難な状況になりました。今回のエアロレギュレーションの変更はその問題に対応させたものになっています。



 気温によってダウンフォースは変化しますが・・・。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2019 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカーインディ500

インディ500:A.J.の功績をたたえた銅製の煉瓦がブリックヤードに埋め込まれる

Bronze brick commemorates Foyt's Indy 500 greatness(IndyCar.com)
AJの功績をたたえた銅製の煉瓦がブリックヤードに埋め込まれる(こちら GAORA INDYCAR 実況室)

 インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)のスタート/フィニッシュラインに残るブリックヤードに、インディ500で初めて4勝を挙げた功績をたたえてA.J.フォイトの名前と優勝年が刻まれた銅製の煉瓦が埋め込まれました。

 IMSが完成した当時はアスファルト舗装の技術が無く、一時期は300万個以上の煉瓦がコースの全区間に敷き詰められていました。

 戦後は煉瓦の上にアスファルト舗装が施されるようになりましたが、いったんは煉瓦がホームストレートの区間だけとなり、最後はスタート/フィニッシュラインの1ヤード分だけ煉瓦が残されました。

 A.J.フォイトはインディ500で1961年に初優勝し、その後は1964年、1867年、1977年と優勝してインディ500史上初めて4勝を挙げた人物となっています。



テーマ : Indy 500 / IndyCar 2019 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカーインディ500

アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

EPSILON

  • Author:EPSILON
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 角田裕毅 スーパーアグリ eSports eスポーツ 中嶋一貴 武藤英紀 フォーミュラE FormulaE NASCAR 岩佐歩夢 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-