F1参入は「単なる思いつきではない」とマリオ・アンドレッティ。実現すればコルトン・ハータの起用を支持

F1参入は「単なる思いつきではない」とマリオ・アンドレッティ。実現すればコルトン・ハータの起用を支持(autosport web)

 マリオ・アンドレッティは、アンドレッティ・グローバル・チームがFIAに2024年からのF1エントリー申請を行った件について、さらなる詳細を明らかにしました。

 いよいよ2020年代に11番目のF1チームが誕生するのでしょうか?

 詳細は上記リンク先へ。

続きを読む »

テーマ : F1GP 2022 - ジャンル : 車・バイク

タグ : F1

マクラーレンF1が2022年型『MCL36』をシェイクダウン。ノリスとリカルドがニューマシン初走行

マクラーレンF1が2022年型『MCL36』をシェイクダウン。ノリスとリカルドがニューマシン初走行(autosport web)

 マクラーレンは、2022年型F1マシン『MCL36』のシェイクダウンを、2月21日午後、スペイン・バルセロナで実施しました。

 2022年F1プレシーズンテスト1回目は、バルセロナで、23日から25日に開催されます。テストを直前にした21日、マクラーレンは開催地バルセロナで新車をコースデビューさせました。

 バルセロナでは、この日の午前、ハースが新車『VF-22』のシェイクダウンを行っています。

続きを読む »

テーマ : F1GP 2022 - ジャンル : 車・バイク

タグ : F1

ハースF1、2022年新車VF-22の初走行をカタルニアで実施

ハースF1、2022年新車VF-22の初走行をカタルニアで実施。独特なシャークフィンなど、当初の発表とは異なる形状(motorsport.com)
【ギャラリー】ハースVF-22、カタルニアで初走行(motorsport.com)
ハースF1がバルセロナで2022年型『VF-22』をシェイクダウン。マゼピンが走行を担当(autosport web)

 2月21日、ウラルカリ・ハースF1チームはスペインのバルセロナ-カタロニア・サーキットで2022年型マシン『VF-22』のシェイクダウンを行いました。

 VF-22の実車の正式発表はバルセロナテスト初日の2月23日と見られていますが、それに先立ってシェイクダウンを行った形です。

 F1のテスト規則では、各チームが撮影用として100km以内の走行を行なうことが許されています。

続きを読む »

テーマ : F1GP 2022 - ジャンル : 車・バイク

タグ : F1

日立アステモ、2022年もチーム・ペンスキーとのスポンサー契約を継続してインディカーレースを支援

ニュースリリース:日立Astemoがチーム・ペンスキーのスポンサーを2022年も継続(日立Astemo公式)
日立アステモ、2022年もチーム・ペンスキーとのスポンサー契約を継続してインディカーレースを支援(Car Watch)

 日立アステモ(Astemo)をはじめとする日立グループは2月21日、米国におけるモータースポーツの名門「チーム・ペンスキー」とのスポンサー契約を2022年も継続すると同時に、2022年シーズンもジョセフ・ニューガーデン選手が日立契約ドライバーとして参戦すると発表しました。

 ニューガーデン選手は、インディカーで通算15回のポールポジションと20勝を記録し、2017年と2019年にシリーズチャンピオンを獲得しています。

続きを読む »

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2022 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

インディカー:デイル・コイン・レーシング、シーズンプレビュー

Previews: Meyer Shank, Dale Coyne, Team Penske(IndyCar.com)
デイルコインレーシング、シーズンプレビュー(こちら GAORA SPORTS INDYCAR 実況室)

【ラインナップ】
#51 佐藤琢磨 デイルコインレーシング with RWR
#18 デイビッド・マルーカス デイルコイン with HMD モータスポーツ


【2021リビュー】 ロマン・グロジャンとエド・ジョーンズのラインナップで第5戦のインディアナポリスGPでグロジャンがポールポジションを獲得して2位フィニッシュの初表彰台。さらに8月の第12戦インディアナポリスGPでも2位フィニッシュし、第15戦のモントレーGPで3位フィニッシュしています。 グロジャンは第13戦ゲートウェイ500でオーバルレースデビュー。予選14位から54周をリードして14位フィニッシュしています。 エド・ジョーンズは第11戦ナッシュビルGPでシーズンベストの6位フィニッシュを記録。ピエトロ・フィッティパルディは第105回インディ500で14番グリッドを獲得しましたが25位に終わっています。

【2022シーズンに向けて】ドライバーラインナップと共にエンジニアリング体制を一新。2016年シーズンから優勝が昨年で途絶えた琢磨選手は新体制での再出発となります。ルーキーのデイビッド・マルーカスは2021シーズンはインディライツに20戦7勝でランキング2位。7勝を含む16回の表彰台で20戦での平均順位は2.0でした。マルーカスは昨年のインディライツで9勝を挙げてチャンピオンとなったカイル・カークウッドと並んで注目の若手となっています。

【2022シーズン注目】マルーカスは2021インディライツで最多の7回のポールポジションを獲得し、平均予選順位は2.0。

【過去の実績】佐藤琢磨選手はこの5シーズンで5勝を挙げ、勝利数でこれを超えのは6人のみ。その6人はニューガーデン(17勝)、ディクソン(11勝)、パワー(11勝)、ロッシ(6勝)、パジェノー(6勝)、ハータ(6勝)。この5年間で1勝以上上げたドライバーは合計16人。

【チームの実力】1984年設立で通算953レースに参戦。通算勝利数6勝のうちストリートで4勝(スントピート、デトロイト、ヒューストン)。インディ500予選では2017年にプルデイがクラッシュ、2020年にパロウがウェイトジャッカーのトラブルに見舞われポールポージション獲得のチャンスを失うも、ラスト4年でブルデイがFAST9に3年連続で残っています。インディ500決勝ではこの5年間で3回のシングルフィニッシュ記録。2017=ジョーンズ3位、2019=フェルッチ7位、2020=フェルッチ4位と実績を残しています。

【Defy Everything=逆境への挑戦】琢磨選手が初めてレースの現場に来たのは10歳の時のF1日本グランプリ。一瞬でレースの魅力に取りつかれるもレース業界にコネは全くなし。20歳になって鈴鹿レーシングスクールで初めてレースの世界に足を踏み入れて”執念”でスカラーシップを獲得。琢磨選手は「レースを始めたころは周りはみんな経験豊富な10代の選手ばかりでしたが、自分は常に目標を追い求めて今までやってきました」とコメント。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2022 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー佐藤琢磨

アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

EPSILON

  • Author:EPSILON
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 角田裕毅 スーパーアグリ eSports eスポーツ 中嶋一貴 武藤英紀 フォーミュラE FormulaE NASCAR 岩佐歩夢 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-