2022年INDYCARインディカー開幕戦セント・ピーターズバーグ プレビュー

INDYCAR/NTT INDYCAR SERIES
2022 Firestone Grand Prix of St. Petersburg
Preview

ライブタイミング
スケジュール(PDF) スケジュール スケジュール(PDF)
スポッターガイド スポッターガイド(PDF)
エントリーリスト(PDF)
トラックマップ マップ マップ(PDF)
GAORA放送スケジュール
イベント情報
公式サイト

セント・ピーターズバーグの天気(AccuWeather)
セント・ピーターズバーグの天気(Weather.com)

2月25日(金)
15:40~16:25(26日 5:40~6:25) 練習走行1

2月26日(土)
09:00~09:45(  23:00~23:45) 練習走行2
12:30~13:45(27日 2:30~3:45) 予選

2月27日(日)
08:45~09:15(  22:45~23:15) ウォームアップ
12:30~   (28日 2:30~  ) 決勝(100周)

(上記時間のうち、カッコ内は日本時間、それ以外は現地時間、変更・中止の場合あり)

日本とセント・ピーターズバーグの時差は14時間

 フロリダ州セント・ピーターズバーグにあるストリート・オブ・セント・ピーターズバーグは1周1.8マイルのストリートコース。ターン数は14。滑走路と公道を組み合わせており、路面は滑りやすい。

 数カ所ある追い越しポイントではアクシデントが多発。

 2014年、佐藤琢磨がポール・ポジションを獲得。

 なお、「セント・ピーターズバーグ」という都市名は、ロシアの大都市「サンクト・ペテルブルク」と同じ意味。

 2020年シーズンは開幕戦の予定だったが、コロナ禍の影響で、開幕直前に中止・延期が決定し、最終戦となった。

 2021年シーズンは、当初は開幕戦の予定だったが、コロナ禍の影響で延期され、第2戦となった。



関連記事
2022年インディカー開幕戦に26台がエントリー。琢磨は節目の200戦目
佐藤琢磨、インディカー参戦200戦目を2022年シーズン開幕戦で迎える
インディカー:ロード/ストリートレースでの予選システム
インディカー2022プレビュー:強力なライバルたちがパロウの連覇を阻む? 13年目の琢磨は心機一転で参戦
インディカー:2022年開幕戦セント・ピーターズバーグに合わせて、天野さんも現地入り
インディカー:2022年開幕戦セント・ピーターズバーグのファイアストン・ファイアホークタイヤ

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2022 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

インディカー・シリーズ、2022年シーズンは国際放映規模を拡大へ

インディカーシリーズ2022シーズンは国際放映規模を拡大へ(こちら GAORA SPORTS INDYCAR 実況室)

 日本ではGAORA SPORTSで放送されるインディカー・シリーズ。全米では全17戦中14戦が地上波TVで生中継されますが、全世界へ向けては200を超える国と地域で放送されます。

ペンスキーエンターテイメントのマーク・マイルズCEOは「インディカーシリーズには14の国からドライバーが参戦ししています・我々はまずはそれらの国のレースファンがレースを楽しめるようにすると共に、さらに多くの国へむけて新たなレースファンの獲得に力を入れます。これまで放映してきたTV局に加えてさらに多くのパートナーがインディカー中継に参入します」とコメント。

世界中の多くの局が中継体制の強化や拡大をしてきています。

パト・オワードやエリオ・カストロネベスを応援する中南米に向けては新たにESPNとパートナーシップを組み、さらなる視聴者数の獲得を目指します。
2019年以来、英国で中継を担当しているスカイスポーツを有するSky Groupは欧州内での体制を拡大してドイツ、オーストリア、スイスでのドイツ語放送とイタリアでのイタリア語放送を行います。
オーストラリアではSTAN SportがCM無しのストリーミング配信を開始。Nine Networkが週半ばにダイジェスト版を放映します。
フランスではCanal+がフランス語放送を放映し、合わせてアフリカ大陸のサハラ砂漠以南のフランス語放送を行いします。
スペインではMovistar+が6シーズン目となるスペイン語放送を実施。
日本ではGAORA SPORTSによる2000年シーズン以来23シーズン目の放映となります。今後はスカパー!の配信プラットフォームのSPOOXでも予選配信(とりあえず開幕2レース)を新たに行います。
Ziggo Sport (オランダ)
Sportsnet(カナダ)
Sky Sports(ニュージーランド)
Supersport(南アフリカとサハラ砂漠以南の英語圏諸国)
Network 4(ポーランド)
Viasat Sport East(ロシアと旧ソビエト諸国)
Sport TV(ポルトガル)
VOO Sport(ベルギー)

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2022 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

2022年インディカー・シリーズが開幕

NTT INDYCAR SERIES Ready To Roll into 2022 Season(IndyCar.com)
2022インディカーシリーズが開幕(こちら GAORA SPORTS INDYCAR 実況室)

 いよいよ今週末にアメリカン・モータースポーツの最高峰、インディカー・シリーズが開幕します。

【地上波放送が大幅に増加】今シーズンのインディカーシリーズは米国内では地上波での放送が大幅に増加し、開幕から6レースは地上波にて全米に生中継されます。2日間で行われるインディ500予選ではラストローシュートアウトとFAST9シュートアウトが地上波で生中継されます。

地上波での放送は17戦中14戦となり、残り2レースはNBC系列のUSAネットワーク、1レースはNBCの配信プラットとフォームのピーコックで生配信されます。ピーコックでは全イベントのプラクティスセッションと予選セッションを生配信(米国内のみ)します。

【トロントとアイオワが復活】今シーズンは全17戦で行われ、感染症拡大で2年連続中止となっていたカナダのトロントでのストリートレースが3年ぶりに復活するほか、その翌週には高速ショートオーバルのアイオワでのイベントが2年振りにダブルヘッダーレースとして復活し、会場ではコンサート他様々なお祭りイベントが実施されます。

ペンスキーエンターテイメントのマーク・マイルズCEOは「今シーズンのインディカーシリーズ開幕に関しては各方面から大きな期待を受けています。その期待度は我々の予想以上に大きなものです」とここまでの入念な準備とその結果に大いに満足していることをコメントしています。

【この10年で最大のエントリー台数】今シーズンは6人のルーキーを含む26台がシーズンフルエントリー。この10年では最大のエントリー台数を記録。全17戦中で一番最初にストリート、ロード、オーバルの3タイプのレースを制したドライバーに100万ドルを授与する新たな賞典もスタートします。

【LEDパネルによるマーシャリングシステムを導入】レースオペレーションでは新たにEMモータースポーツ社のマーシャリングシステムが導入され、ロードストリートレースではコースサイドの最大20か所に高輝度LEDパネルが設置され、コースマーシャルの操作によってLEDパネルにフラッグコードが表示されるようになります。

【ローカルイエロー通過時のラップカウント】このマーシャリングシステムにはGPSシステムが搭載され、各レースカーに搭載されたGPSシステムと連携して、ローカルイエロー発生と当該区間通過の有無が即座に判定できるようになります。プラクティスや予選ではローカルイエロー通過車両は当該ラップがカウントされません。ローカルイエローを発生させた車両はこれまで通りにべストラップタイムがはく奪となります。

【ピットでの押し掛けの禁止】そのほかのルール変更ではピットアウト時のストールでストールしたレースカーをピットレーンで押すことは禁止となります。

【ピットボックスの割り当て】ピットボックスの位置はこれまでは予選上位のエントラントからピット出口側から順番に割り当てられましたが、今シーズンは予選上位のエントラントから好きな位置を選べることになります。インディ500はこれまで通り予選順位順にピット出口側から割り当てられます。

【全オーバルレースでのエアロルール変更】インディ500に加えて、テキサス、アイオワ、ゲートウェイの各イベントでもフロントダウンフォースの増加を目的としたバージボードの使用が可能となります。湾曲したプレート上のバージボードをアンダーウイングの前縁に装着することにより、フロントウイングが発生するダウンフォースよりもアンダーウイングが発生するダウンフォース量を増大させ、その結果フロントウイングが受けるダーティエアの影響が減少して、より前車に接近できるようになります。

【練習セッションタイムの拡大】オーバル以外の練習セッションはこれまで45分で固定されてきましたが、今後は60分枠が確保され、レッドフラッグなどで中断が発生した時はその分延長して対応されることになります。

【記録への挑戦】シリーズタイトルを7回取っている41歳のスコット・ディクソンはAJフォイトの持つ最多タイトル数の7回目に挑戦します。昨年のインディ500で史上最多タイの4勝目を挙げた46歳のエリオ・カストロネベスは2017年以来5シーズン振りのフル参戦でインディ500史上最多の5勝目を狙います。40歳のウィル・パワーが目標とするのはマリオ・アンドレッティが記録した通算最多ポールポジション獲得数の67です。



 開幕戦セント・ピーターズバーグは2月27日26時(深夜2時)から生中継です。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2022 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

2022年のF1エントリー料が明らかに。選手権8連覇を達成したメルセデスが最多の約5億5400万円

新シーズンのF1エントリー料が公開。前年チームランキング王者メルセデスは今年も5億円超え!(motorsport.com)
2022年のF1エントリー料が明らかに。選手権8連覇を達成したメルセデスが最多の約5億5400万円(autosport web)

 メルセデスがFIAに支払うエントリー料が約5億5400万円・・・。

 コンストラクターズ・チャンピオンを獲得しても喜んでばかりはいられません。

 エントリー量が高くなってしまうという現実を突きつけられます。

テーマ : F1GP 2022 - ジャンル : 車・バイク

タグ : F1

アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

EPSILON

  • Author:EPSILON
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 角田裕毅 スーパーアグリ eSports eスポーツ 中嶋一貴 武藤英紀 フォーミュラE FormulaE NASCAR 岩佐歩夢 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-