インディカー:テキサスでの新しいエアロパッケージ

テキサスでの新しいエアロパッケージ(こちら GAORA SPORTS INDYCAR 実況室)

今回のテキサスでは、新たにエアロパーツの追加が認可され、さらに多くのダウンフォースを得ることになります。その増加量は昨年比10%増加の約113㎏とみられてます。それらのエアロパーツをチェックします。

【フロントウイング】 メインプレーン=スーパースピードウェイ
エンドプレート=スーパースピードウェイ
ウィッカー=H 3/8” W 7.75”/11.75”/17.25″                         
エクステンションとエクステンションウィッカーが使用可能。

【リアウイング】 メインプレーン角度=-9~+2度(インディ=-9~+5度)
リアウイングアジャスター装着
ウィッカー装着禁止

【ボディーワーク】 サイドポッドスリットクローズ
スーパースピードウェイタイヤランプ 

【アンダーウイング】 アンダーウイングサイドウォール使用可(※2023より可)
アンダーウイングトリムサイドウォール使用可
アンダーウイングストレーキ禁止(※2023よりインディ可)
アンダーウイングインフィルウィッカー(※2023よりインディと両方で可)          
アンダーウイングインナーバージボード(※2023よりインディと両方で可

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2023 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第2戦】ベストの仕事をしても結果につながらず。2年間マシンに恵まれないという不運

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第2戦】ベストの仕事をしても結果につながらず。2年間マシンに恵まれないという不運(autosport web)

 角田裕毅は、今年(2023年)もマシンが悪いようです。

 かわいそうではありますが、そのような状況でもマシンの性能を十分に引き出して走るしかないです。

テーマ : F1GP 2023 - ジャンル : 車・バイク

タグ : F1角田裕毅

インディカー:サイドバイサイドの増加が期待されるテキサス

サイドバイサイドの増加が期待されるテキサス(こちら GAORA SPORTS INDYCAR 実況室)

【28台のエントリー】28台のエントリーは2011年以来のエントリー数となります。

【2017年にバンクを浅く改造】代表的ハイバンクオーバルだったテキサスモータースピードウェイは2017年にターン1-2側のバンク角度を24度から20度へ変更しました。当時はメーカー別エアロパーツが使用されていたためにダウンフォースも強大で、これまでの通りのサイドバイサイドが展開されていましたが、2018年から導入された現行のユニバーサルエアロキットによってダウンフォース量は大幅に削減。その結果、アウトサイドレーンでのパッシングが困難になり、1列隊列でのレース展開に代わってしまいました。

【増粘剤の使用】テキサスで開催されるNASCARレースでも、このバンク角度回収の影響は大きく、激減したアウトサイドパスを増やすために、コースのアウトサイド側にレーストラック表面の摩擦係数を増やすための増粘剤(一般名はトラックバイト、商品名はPJ1)が使用されるようになりました。しかし、この増粘剤を散布した路面表面は風化による劣化が大きく、インディカーが使用するファイアストンタイヤのグリップ力を大幅に低下させる結果となりました。

【路面改良とグリップ向上】テキサスモータースピードウェイは路面の清掃による増粘剤とNASCARのタイヤラバーの除去を行いましたが、昨年は予選とファイナルプラクティスの間に30分間の特別セッションを設け、任意参加の車両には別途に1セットのタイヤを追加供給してアウトサイドレーンのみを走行させることにとって、外側のレーンにタイヤラバーをこすりつけることによるグリップ増加を狙いました。

【今年は更に路面改良に着手】今年も予選とファイナルプラクティスの間に30分間の特別セッションを設けますが、エントリー車両を2グループに分けて15分ずつ走行することになりました。昨年は7台の参加のみでしたが、今年は走行台数を増やすことで、さらなるグリップ増加を目指します。

【エアロパッケージルールを変更】今回のテキサスでは、新たにエアロパーツの追加が認可され、さらに多くのダウンフォースを得ることになります。その増加量は昨年比10%増加の約113㎏とみられてます。

【佐藤琢磨選手は去年は予選3位】このレースは佐藤琢磨選手の今季初レースとなります。トップチームのチップナガッシレーシングからの参戦ということで活躍が大いに期待されています。昨年はデイルコインレーシングからの参戦でしたが、事前テストはなく、ぶっつけ本番のレースうういぃーくエンドだったにもかかわらず、予選は3番手で2列目インサイドからのスタート。5周をリードしましたが、最初のピットインでピットアウトしてきたチームメイトに進路をふさがれて、リードラップほぼ最後尾の19位までダウン。その後はルーキーのデフランチェスコに接触されてウォールにブラッシュ。108周遅れの20位に終わっています。今回も事前テストなしの参戦となりますが、テキサスでは2017年にポールポジションを獲得し、2013年レース1ではベストリザルトの5位フィニッシュを記録しています。

【4月2日(日)深夜1時生中継】GAORA SPORTS他、各配信プラットフォームなどでも生配信。コメンタリーはレーサー鹿島さんと武藤英紀さん。https://www.gaora.co.jp/motor/3652800

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2023 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

インディカー:スコット・ディクソン、”チームメイト”佐藤琢磨に大きな期待!「超優秀な彼と一緒に働くのが楽しみ」

スコット・ディクソン、”チームメイト”佐藤琢磨に大きな期待!「超優秀な彼と一緒に働くのが楽しみ」(motorsport.com)

 2023年インディカー第2戦テキサスはオーバルのみの参戦となった佐藤琢磨の初戦となりますが、スコット・ディクソンはチームメイトとなった琢磨と協力することを楽しみにしているようです。

 初めてチームメイトとなった琢磨とディクソン。

 インディカー第2戦テキサスの決勝レースは、日本時間4月2日(日)25時10分のスタート予定となっています。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2023 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー佐藤琢磨

2023年INDYCARインディカー第2戦テキサス プレビュー

INDYCAR/NTT INDYCAR SERIES
2023 PPG 375
Preview

ライブタイミング
スケジュール スケジュール
スポッターガイド スポッターガイド(PDF)
トラックマップ マップ マップ(PDF)
GAORA放送スケジュール
イベント情報
公式サイト

フォートワースの天気(AccuWeather)
フォートワースの天気(Weather.com)

4月1日(土)
08:00~09:00(  22:00~23:00) 練習走行1
11:15~12:15(2日 1:15~ 2:15) 予選
12:45~14:30(2日 2:45~ 4:30) 最終練習走行

4月2日(日)
11:00~   (3日 1:00~   ) 決勝(250周)

(上記時間のうち、カッコ内は日本時間、それ以外は現地時間、変更・中止の場合あり)

日本とフォートワースの時差は14時間(夏時間が採用されているため))

 テキサス州フォートワースにあるテキサス・モーター・スピードウェイは1周1.5マイルのスーパースピードウェイ。コースの形状はDシェイプド・オーバル(D形の楕円)。
 ターンのバンク角は、第1・2ターンが20度(2017年に24度から変更)、第3・4ターンが24度。第1・2ターンのバンク角が浅くなりコース幅が広くなった。

 2019年に佐藤琢磨がポール・ポジションを獲得。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2023 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

EPSILON

  • Author:EPSILON
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 角田裕毅 スーパーアグリ eスポーツ eSports 中嶋一貴 武藤英紀 NASCAR 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-