インディカーシリーズ、2023年10大ニュース⑨

No. 2: Newgarden Continues Reign of Terror on Ovals(IndyCar.com)
インディカーシリーズ、2023年10大ニュース⑨(こちら GAORA SPORTS インディカー 実況室)

 インディカー公式が選ぶ、2023年インディカー・シリーズの10大ニュース。

 2位は「ニューガーデンがオーバルを席巻」。

ロードストリートとオーバルレースでシーズンを戦うインディカー・シリーズ。
2019年シリーズチャンピオンのジョセフ・ニューガーデンは2022年シーズンのワールドワイドテクノロジーレースウェイ(WWTR)で優勝してから、2023シーズンもテキサス、インディ500、アイオワダブルヘッダーを制してオーバル5連勝。

2023年シーズン最後のオーバルレースとなるWWTRにはランキング3位からの逆転タイトル獲得をかけて、オーバル5連勝と、ゲートウエイ4連勝を狙ってポールポジションからのスタート。

ニューガーデンは得意のコースで最多ラップリードでの優勝で53点を狙うも、オーバル初導入だったソフトタイヤで苦戦を強いられてラップリーダーの座を陥落。ロングランで前に出たディクソンを追いかけるも、オワードらとのバトルを強いられてタイヤを酷使し、最後はウォールにブラッシュして万事休す。50周遅れの25位フィニッシュでチャンピオン争いから脱落し、シーズン全オーバル制覇はなりませんでした。

ちなみに、2006年のチャンプカーシリーズで、セバスチャン・ブルデイはシーズン唯一のオーバル戦だったミルウォーキーを制し、記録上は”シーズン全オーバル制覇”を無しとげた史上唯一のドライバーとなっています。

ニューガーデンの記録達成はならなかったものの、キャリア29勝の内、オーバルでは通算14勝を挙げ、そのうちショートオーバルではアイオワで6勝、WWTRでは4勝、フェニックスで1勝し、通算11勝は37.9パーセント)となっています。

これまで、2017年と2019年にシリーズチャンピオンとなったニューガーデンでしたが、今年の第107回インディ500では最終ラップでエリクソンを交わして逆転優勝し、悲願のインディ500制覇を成し遂げました。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2023 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

良いお年を

 2023年も、あとわずか。

 今年も、いろんなことがありました。

 F1では、レッドブルの活躍、角田裕毅の活躍がありました。裕毅は、2024年もチームに残留します。

 インディカーでは、佐藤琢磨がオーバルのみの参戦となり、インディ500では7位でした。

 身近では、Heart FMの開局が大きな出来事でした。

 当方のブログ記事や、X(Twitter)のポストをご覧いただき、ありがとうございました。

 いろいろあった2023年、良いお年をお迎えください。

インディカーシリーズ、2023年10大ニュース⑧

No. 3: Exciting On-Track Action Produces Records Galore(IndyCar.com)
インディカーシリーズ、2023年10大ニュース⑧(こちら GAORA SPORTS インディカー 実況室)

 インディカー公式が選ぶ、2023年インディカー・シリーズの10大ニュース。

 3位は「様々な記録を更新」。

107回の歴史を持つインディ500では様々な記録が打ち立てられ、塗り替えられてきました。しかし、新たな記録の樹立は近年ではなかなか目にする機会が無くなってきています。

そんな中で、2023年開催の第107回インディ500では様々な記録的なシーンがありました。優勝したニューガーデンは最終ラップでエリクソンをパス。このパスは52回を記録したリードチェンジのなかで最後のリードチェンジで、最終ラップでのリードチェンジは史上3回目でした。

優勝したニューガーデンと2位フィニッシュのエリクソンとの差(margin of victory=mov)は0.0974秒差という史上4番目の僅差。この日のレースリーダーは12人で史上二番目に多いラップリーダー人数でした。

予選ではパロウが史上最速予選スピードとなる234.217mphを記録。フロントロー3人の平均速度も史上最速となる234.180mph。予選通過全33台の平均速度は232.184mphで、これも史上最速となりました。
予選ではほかにも、初日のアテンプト数は84回で、2019年記録を更新。ポールシッターと予選2位との差は0.0040で53年ぶりに記録が更新されました。

ポールシッターのパロウはインディ500史上初のスペイン人ポールシッターとなり、キャサリン・レッグはインディ500予選史上最速の女性ドライバーとなりました。

ルーキーのベンジャミン・ピーダーセンは232.739mphを記録してインディ500予選でルーキーとしての史上最速記録を樹立しました。
そして、インディ500以外では史上最多となる27台がエントリー。コース上でのパッシング回数は延べ7,753回で、これは前年の2021年よりも1872回(31.83%)も増加しました。

2023年シーズンは、過去12年間で最も多くの延べ周回数を記録し、その合計となる103,309周は2022年シーズンと比べて5.26%増加となりました。

アラバマ・グランプリでは、インディカー・シリーズ最多記録となる26台がリードラップでフィニッシュ。ロングビーチ・グランプリでは、週末3日間を通じてグランドスタンドのチケットは完売となり、2008年のインディカーとチャンプカーの合併以降では最高となる19万2,000人のファンが来場しました。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2023 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

2003年インディ500勝者ジル・ド・フェランが急逝

2003 Indianapolis 500 Winner De Ferran Dies at 56(IndyCar.com)
インディ500勝者ジル・ド・フェランが急逝。享年56(motorsport.com)
2003年インディ500王者、二度のCARTチャンピオンのジル・ド・フェランが亡くなる(autosport web)

 12月29日、マクラーレン・レーシングは2003年にインディ500を制し、二度のCARTチャンピオンを獲得していたジル・ド・フェランが亡くなったと発表しました。56歳。現在はマクラーレンの一員としてF1やインディカーに携わっていました。

 ド・フェランは2003年インディ500ではトヨタ車で唯一の優勝を飾っています。そしてその年限りで現役引退しました。

 R.I.P.



(追加)
ジル・ド・フェランが逝去(こちら GAORA SPORTS インディカー 実況室)
GIL DE FERRAN THROUGH THE YEARS(IndyCar.com)
ジル・ド・フェランの突然の死去に、世界中から追悼の声(motorsport.com)

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2023 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカーインディ500

インディカーシリーズ、2023年10大ニュース⑦

No. 4: TV Viewership, Docuseries Soar to New Heights(IndyCar.com)
インディカーシリーズ、2023年10大ニュース⑦(こちら GAORA SPORTS インディカー 実況室)

 インディカー公式が選ぶ、2023年インディカー・シリーズの10大ニュース。

 4位は「TV視聴者数がレース中継、ドキュメンタリー共に上昇」

多くのスポーツ中継において、全体的にテレビ視聴者数が横ばいか、減少が目立つ中で、インディカー・シリーズは2023年シーズンを通じて目覚ましい数値を記録しました。

待望のTVドキュメンタリーシリーズの「100 Days To Indy」が衛星・ケーブルTV向けの放送局であるCWで放送され、地上波ネットワークTV局であるNBCをメインに放送されたレース中継は軒並み視聴率が上昇し、インディカー・シリーズの注目度が上昇してきていることを証明しました。

シーズン全17レースのレース中継は、2011年以来最も視聴者数を記録したシーズンとなりました。17戦中13レースは地上波ネットワークのNBCで放送され、3レースは衛星放送とCATV向けのUSAネットワークで放送され、トロントでの一戦はNBCの配信プラットフォームであるピーコックで配信されたほか、ピーコックでは全17戦と全てのセッションが生配信されました。

これらはオンデマンドでも配信され、それらすべての視聴者数は3年連続で増加を記録しました。2023年の平均視聴者数(TAD)は132万人で、2008年以来、TAD100万人を超えた昨年の130万人を上回りました。地上波で中継された13レースは昨年比で4%増加しています。

全体の視聴者数の中でもトップを記録したのは、5月の第10 回インディアナポリス500で、地上波のNBCと配信のピーコックで TAD 493 万人の視聴者を獲得しました。TV視聴の支配率は13%で、過去15年間で最高の記録となりました。

レース中継以外にも、第107回インディ500に向けて、ドキュメンタリーシリーズの「100 Days To Indy」が放送され、インディ500のチケットセールスとTV中継での高視聴率獲得につながりました。

「100 Days To Indy」はペンスキー・エンターテイメントとVICEメディアグループが協力して制作。 6話で構成されるドキュメンタリーシリーズでは、シーズン開幕からインディ500へ向けての各ドライバーやチームの動きを裏側から追いかけ、開幕戦でのマクロクリンとグロジャンの接戦、クラッシュ、その後の二人の関係に密着。ロングビーチグランプリでのディクソンとオワードの接触に関するドラマなどをフォローし、シーズン序盤を大いに盛り上げました。

このドキュメンタリーシリーズは2024シーズンも契約される予定となっています。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2023 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

EPSILON

  • Author:EPSILON
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 角田裕毅 スーパーアグリ eスポーツ eSports 中嶋一貴 武藤英紀 NASCAR 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-