2024年F1第5戦中国GP放送スケジュール

2024 FORMULA 1®(フジテレビNEXT)
DAZN | 番組表

フジテレビNEXT
4月19日(金) 12:20~14:10 フリー走行1
4月19日(金) 16:20~18:30 スプリント予選
4月20日(土) 11:30~15:30 スプリント
4月20日(土) 15:50~20:00 予選
4月21日(日) 15:20~21:00 決勝

DAZN
4月19日(金) 12:30~ フリー走行1回目
4月19日(金) 16:30~ スプリント予選
4月20日(土) 12:00~ スプリント
4月20日(土) 16:00~ 予選
4月21日(日) 16:00~ 決勝

※変更・休止の場合あり



2024年F1第5戦中国GPプレビュー

テーマ : F1GP 2024 - ジャンル : 車・バイク

タグ : F1

2024年F1第5戦中国GPプレビュー

FIA Formula 1 World Championship
Chinese GP
Preview

2024年F1第5戦中国GP TV放送&タイムスケジュール(autosport web)
中国GP (2024)(motorsport.com)

上海(Shanghai)の天気(tenki.jp)

4月19日(金)
12:30~13:30 フリー走行1
16:30~17:14 スプリント予選

4月20日(土)
12:00~13:00 スプリント
16:00~17:00 予選

4月21日(日)
16:00~    決勝(56周)

(上記時間はいずれも日本時間)



2024年F1第5戦中国GP放送スケジュール

テーマ : F1GP 2024 - ジャンル : 車・バイク

タグ : F1

インディカー:ダラーラIR12/IR18(DW12)の2024年アップデート

Improved, Lighter Aeroscreen To Debut at Long Beach(IndyCar.com)
ダラーラIR12/IR18の2024年アップデート(こちら GAORA SPORTS インディカー 実況室)

インディカーで使用されるシャシーは2012年にデビューしたIR12(DW12)をベースとし、現在使用されているモノコックタブはオリジナルのIR12を後付けアップデートしたものと、最初からエアロスクリーンの搭載に対応したIR18の2種類が混在しています。

とかく設計が古いだの、使い古されたような表現を見かけますが、毎年細かな所でアップデートが続けられています。2024シーズンの主なアップデート箇所を確認します。

【エアロスクリーン】
ハイブリッド・パワーユニット(PU)の搭載で重量が増えるため、軽量化されたウインドスクリーンとチタン製フレームを導入。スクリーンは約8.5kgから約6.6kgに軽量化。チタン製エアロスクリーンフレームはこれまでと同様の強度を維持したままで重量は約3kg軽量化されています。これらでエアロスクリーン全体の重量では約5kg軽量化。チタン製フレームは従来の台座をそのまま流用して取り付け可能で、フロントの左右一か所ずつ計2か所のボルトのみ従来より長いものが使用されます。



【マグネシウム製ベルハウジングとギアボックスケース】
ハイブリッドPUの搭載による重量増を相殺するために、ベルハウジングとXトラック製ギアボックスケースがアルミニウム合金製からマグネシウム製に変更されます。これによって35ポンド(約18㎏)の減量が見込まれています。



【スーパースピードウェイ用リアウイングピラー】
インディアナポリスでのリアウイングのメインプレーン(主翼)の最大迎え角が+5度から+9度にレギュレーション変更されたことに伴い、リアウイングピラーが変更されます。調整角度は+9度からー1.5度になります。



【センターラインウィッカー】
レースカーがスピンして進行方向の横を向いた時にレースカーの浮き上がり防止でダウンフォースを発生させるセンタラインウィッカーがエアロスクリーン上では不要になります。コンピューターシミュレーションで解析をやり直した結果、効果は小さいとしてノーズ部分以外は不要になりました。これに伴い。エアロスクリーンへつながる部分の形状も変更されました。



【新型フロントベアリング保持プレート、新型リアアップライト、べアリング保持プレート、ドライブシャフト保持プレート】
昨年のインディ500でカイルカークウッドの後輪がクラッシュによってハブごとアップライトから抜けてコース外へ飛んで行ったアクシデントを受けて、その後のオーバルレース用に対策パーツがリリースされましたが、2024シーズンからはさらに新たなオーバル用リアアップライトとフロントベアリング保持プレート、リアベアリング保持プレート、ドライブシャフト保持プレートが導入され、ホイールの脱落などを防ぎます。



【ECUデータダウンロードコネクター】
プラクティスセッション中や終了後にECU(エンジンコントロールユニット)からデータをダウンロードするためのデータケーブルのコネクターがコクピット内側の左側から、左側サイドポッドに移されました。

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2024 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

5年ぶりのF1中国GP開催

5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉(motorsport.com)
5年ぶりの中国GP、F1グラウンドエフェクトカーが上海初走行へ。バンプ除去で準備も「未知の要素が多く大きな挑戦に」(autosport web)

 2019年以来のF1中国GPが、今年4月19日~21日に開催されます。Covid-19のパンデミックの影響で開催中止が続き、上海インターナショナルサーキットで大規模な国際イベントが開催されるのは5年ぶりです。

 しかし、路面状況が大きく変わっているでしょうし、コースの改修工事が実施されているので、5年前のデータは使えないでしょう。それに、スプリントレースが行われるので、何が起こるかわかりません。

テーマ : F1GP 2024 - ジャンル : 車・バイク

タグ : F1

インディカー:ロングビーチGPより軽量化エアロスクリーンが登場

Improved, Lighter Aeroscreen To Debut at Long Beach(IndyCar.com)
ロングビーチGPより軽量化エアロスクリーンが登場(こちら GAORA SPORTS インディカー 実況室)

今週末に開催されるロングビーチGPより、軽量化された新型エアロスクリーンの装着が義務付けされます。

安全性向上の革命的なアイテムとして2020年から導入された初期型のエアロスクリーンは、レッドブルアドバンスドテクノロジー、ダラーラ、パンクルレーシングシステム、エアロダインコンポジット、PPG、イソクリマ、インディカーによって開発されました。チタンとカーボン製のフレームにポリカーボネート製のスクリーンを組み合わせた重量は約27㎏。垂直方向で約11トンの荷重に耐え、時速354キロで水平発射された1kgの物体を跳ね返します。

そして、この週末からはさらに軽量化されたエアロスクリーンVer.2が使用されます。

軽量化と共に開口部(エアインテイク)を設けることでコクピット内の冷却性能も向上。これまで以上にドライバーの体に風が当たるようになり、エアロスクリーンの内側に装着されるダクトもドライバーの負傷を防ぐためにこれまでのカーボン製から3Dプリンターで成形されたゴム製の物に変わります。

インディカーシリーズの空力開発ディレクターを務めるティノ・ベリーは「バージョン2.0導入の目的はまずは軽量化。そして、スタイリングの向上と通気性の改善でした。軽量化に関しては強度を保ったままでポリカーボネートのスクリーンの厚さを今まで以上に薄くすることで対応しましたた」とコメント。

新たなエアロスクリーンは、外観がより洗練され、重量も初期型バージョンの約8.5kgから約6.6kgに軽量化されました。今シーズンの開幕戦からすでに導入されている新設計の3Dプリントのチタン製エアロスクリーンフレームはこれまでと同様の強度を維持したままで重量は約3kg軽量化されています。これらをエアロスクリーン全体の重量では約5kg軽量化されることになります。

レースカーのダウンフォースはエアロスクリーンの軽量化と新たな形状によって約16kg減少しました。

2020年にエアロスクリーンが導入された時から熱対策は大きな課題で、インディカーから様々な意見を取り入れて熱対策の改良に取り組んできました。一般的にレーシングドライバーはレース中の心拍数は毎分150から200にもなり、そのレベルは限界値の85~95%に相当します。レーシングスーツを着た中では体温は37度以上にもなることがあります。

エアロスクリーンの軽量化にあたって、エアインテイクの数や面積を増やすことは当初は障害になると思われていましたが、ドライバーへの調査によって初期型のエアロスクリーンには十分すぎるほどの視界があることが判明し、スクリーンのトップにあるチタン製フレームの下にエアインテイクを設置しても視界にはほとんど影響がないことが判明しました。この結果、大きな設計変更を必要とせずに軽量化とエアインテイクの増設を行うことができています。

エアインテイクにはハニカム構造のメッシュと追加フィルターでダストなどの侵入を防ぎます。

当初はこの軽量エアロスクリーンは5月のインディアナポリスGPから導入される予定でしたが、十分に供給体制が整ったとして前倒しで導入されることになりました。





(追加)
インディカー、エアロスクリーンの新バージョンを導入。軽量化とドライバー冷却の面で進化(motorsport.com)

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2024 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

EPSILON

  • Author:EPSILON
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 角田裕毅 スーパーアグリ eSports eスポーツ 中嶋一貴 武藤英紀 フォーミュラE FormulaE NASCAR 岩佐歩夢 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-