F1:バルセロナテスト2回目データ(2016年3月1日~4日)

第2回合同テスト 総合タイム結果&使用タイヤ(AUTOSPORT web)
第2回合同テスト マシン&PU別周回数と距離(AUTOSPORT web)

 タイムだけ見るとライコネンが最も早いが、ウルトラソフトタイヤで出したものであり、2番手のベッテルはスーパーソフト、3番手のロズベルグはソフトタイヤだったので、一概には言えない。

 周回数は、ロズベルグとフェルスタッペンが300周を超えている。
 マクラーレン・ホンダは、バトンが242周、アロンソが211周。2人とも200周を超え、順調に走行していたことがうかがえる。

テーマ : F1GP 2016 - ジャンル : 車・バイク

タグ : F1

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ





プロフィール

epsilon5a

  • Author:epsilon5a
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 スーパーアグリ 中嶋一貴 武藤英紀 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-