ユーロスピードウェイ・ラウジッツが2017年シーズンをもって一般営業終了へ

ユーロスピードウェイ・ラウジッツが2017年シーズンをもって一般営業終了へ(AUTOSPORT web)

 オーバルコースもあり、かつてはCART(チャンプカー)も開催されていたユーロスピードウェイ・ラウジッツ(ラウジッツリンク)が、2017年限りで一般営業を終了することが明らかになりました。

 ラウジッツリンクは、2001年のCARTレースでアレッサンドロ(アレックス)・ザナルディが両足を失う大事故に見舞われており、同年は元F1ドライバーのミケーレ・アルボレートがル・マンに向けてアウディR8のテスト走行中にクラッシュして命を落としています。

 一般営業終了後はDEKRA(デクラ)社が買収し、ロードカー開発のテストコースとなるそうです。

 ヨーロッパでも、一つのレーシングコースが消えていきます。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ






プロフィール

epsilon5a

  • Author:epsilon5a
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 スーパーアグリ 中嶋一貴 武藤英紀 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-