インディカー、インディ500:ベテランジャーナリストのロビン・ミラー氏が逝去

Legendary Racing Journalist Miller Dies at 71(IndyCar.com)
ベテランジャーナリストのロビン・ミラー氏が逝去(こちら GAORA SPORTS INDYCAR 実況室)

 50年間にわたってインディ500とインディカー他、アメリカで様々なモータースポーツを取材してきたベテランジャーナリストのロビン・ミラー(Robin L. Miller)氏が、現地8月25日朝にがんのために71歳で亡くなりました。

インディアナ出身のミラー氏は1968年に地元新聞紙のインディアナポリス・スターに入社。以降スポーツ担当記者として2001年まで活躍してきました。

インディカーがIMS主催のインディレーシングリーグ(IRL)とCARTに分裂した時にはCARTを強く擁護してIRLとIMSを批判。それが原因で2001年でインディアナポリス・スター社を離職してフリーランスのジャーナリストとなりました。

その後は記事の執筆以外にもESPNのモータースポーツ情報番組のコメンテイターとして起用されたほか、SPEEDチャンネルやVERSUS、NBCスポーツなどのTV番組で活躍した他、RACER誌をはじめとしたさまざまな雑誌へ寄稿した他、動画サイトのリポーターなど幅広い活躍を見せてきました。

ミラー氏が初めてインディアナポリスモータースピードウェイに訪れたのは父親に連れられてきた1957年。インディ500初観戦は1959年。そして、初めてインディ500に”参加”したのは1968年でジム・ハーチュビスのチームのお手伝いでした。

1970年代にはレーシングドライバーとしてのキャリアもスタート。ベッテンハウゼン兄弟のサポートの下でミジェットカーレースに参戦。1975年には予選中に横転してコンクリートに激突。レースカーはロールケージが裂けるなど大破してミラー氏は頭部を負傷する重傷を負っています。

機械工学の知識が無かったミラー氏はずっと機械音痴のままでジャーナリスト活動を継続。自身のミジェットカーを格納するトレーラーを購入する時も、サイズが合わずに、レースカーがまっすく格納できないトレーラーを購入したという逸話もあります。

2019年には50回目のインディ500取材を記念してIMSは優れた功績を残したジャーナリストに贈るロビン・ミラー賞の創設を発表。この8月に亡くなった元レースアナウンサーのボブ・ジェンキンス氏が受賞しています。

ミラー氏は今年になってアメリカモータースポーツの殿堂入りが決定。無くなる約2週間前の8月13日にIMSを訪れて授賞式に出席していました。



 R.I.P.











テーマ : Indy 500 / IndyCar 2021 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカーインディ500

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベテランジャーナリストのロビン・ミラー氏が逝去

ベテランジャーナリストのロビン・ミラー氏が逝去
アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ


ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

EPSILON

  • Author:EPSILON
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 スーパーアグリ 角田裕毅 eスポーツ eSports 中嶋一貴 武藤英紀 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-