インディカー:2022年第10戦トロント、ディクソンが今季初優勝

第10戦トロント、ディクソンが今季初優勝(こちら GAORA SPORTS INDYCAR 実況室)

【ディクソンが今季初優勝】これまで17シーズンで勝利を挙げてきたスコット・ディクソンは、今シーズン9レースが終わって未だに未勝利。予選では今季のロードストリートでベストリザルトとなるアウトサイドポールのフロントロースタート。ソフトタイヤでスタートしたディクソンはレースリーダーのハータを追いかけながらも16周目に2秒8までラップタイムが落ちて、約2秒のビハインドとなった時点で17周終了18周目にピットイン。その翌週にハータがピットインしたものの、ハータのアウトラップのターン1で前に出てレースをリード。その後は3回のフルコースイエローとリスタートを挟みながらも、40周の最多ラップリードを記録してフィニッシュし今季初優勝を上げました。これで通算52勝となり、歴代記録2位のマリオ・アンドレッティに並びました。歴代1位は67勝のAJフォイトになります。ディクソンにとってはキャリアで2番目の長さとなる23レースぶりの優勝でしたが、これで18シーズン連続で勝利を記録したことになります。

【ローゼンクイストが2年ぶりの表彰台】予選8位から3位フィニッシュしたフェリックス・ローゼンクイストにとっては2020年ロードアメリカでキャリア初優勝した時以来の表彰台となりました。アローマクラーレンSPに移籍してからは初めての表彰台です。ローゼンクイストはすでにマクラーレンレーシングと来季以降の契約を結んでいますが、インディカー参戦かどうかはまだ発表がありません。

【エリクソンがポイントリートを広げる】ポイントリーダーのマーカス・エリクソンは5位フィニッシュ。これで6レース連続のシングルフィニッシュで、8回目のTOP10フィニッシュとなります。これで、15位に終わったポイント2位のウィル・パワーに対して20点差から35点差とリードを広げています。

【パロウがポイントアップ】予選でエンジントラブルに見舞われ、今季予選ワーストの22位からのスタート。1回目のピットストップを9周終了時点で行い、各車が1回目にピットストップを終えた時点で15位まで浮上。レース折り返しまでには他車のクラッシュなどもあって11位へ。さらに作戦で失敗したエドカーペンターレーシングの前に出て13位。マクロクリンやパジェノーらコース上を抜いて6位まで上がってところでフィニッシュ。これで、ドライバーズポイントではオワードとニューガーデン抜いて3位に2ポジションアップしています。

【空回りのニューガーデン】今季最多の3勝をあげているジョセフ・ニューガーデンは予選3位。レースでもディクソンとハータに続く3番手をキープ。しかしラストピットで停止位置が僅かにピットウォールから離れて止まってしまい、給油リグが届かずにおお花に時間をロス。最終的には10位でフィニッシュしてドライバーズランキングでも4位に1ポジション後退しています。

【佐藤琢磨選手は今季3回目のDNF】予選19位の佐藤琢磨選手はスタート直後に3台ほど抜いて、パジェノーに並びかけてターン1のアウトサイド側に飛び込むも、その後に行き場を失ってターン2のアウトサイドのウォールにヒット。左フロントサスペンションに大きなダメージを追ってレースを終えました。

【佐藤琢磨選手のコメント】「トロントのレースはあっという間に終わってしまいました。朝のウォームアップに向けてマシーンを作り上げてくれたNo.51のメカニックには本当に感謝しています。僕たちはとてもコンペティティブでした。タイムシートには表れませんでしたが、プライマリー・タイヤを履いたときのタイムはトップ10圏内に位置しており、デロイト・マシンの仕上がりに自信を深めていました。したがって、レースに向けては楽観的な期待を抱いていました。実際、スタートはうまくいき、ターン1までに数台をパスします。そしてサイド・バイ・サイドとなってターン1に進入。ここではリスクを最小限に留めるため、ポジションを譲ることにしました。ところが、ターン2に進入する際、メイヤーシャンクの1台が並んできます。彼がそのまま僕に突っ込んできたため、この勢いで僕はウォールまではじき飛ばされました。おそらく彼はコントロールを失っていたのだと思います。これにはひどくがっかりしました。なにしろ、まったく無用な行為だったからです。残念ながら、ターン2を過ぎたところでリタイアに追い込まれました。マシーンはとても速く、コンペティティブでした。したがって、トロントに戻ってこられたのは本当に素晴らしく、たくさんのファンが訪れてくれたことを嬉しく思っています。このスピードをアイオワでも保ち、注意深く戦いたいと願っています」

第11戦アイオワは7月24日(日)早朝5:00 生中継!

テーマ : Indy 500 / IndyCar 2022 - ジャンル : 車・バイク

タグ : IndyCarインディカー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第10戦トロント、ディクソンが今季初優勝

第10戦トロント、ディクソンが今季初優勝
アクセス解析

ブログランキング


人気ブログランキングへ


ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

EPSILON

  • Author:EPSILON
  • FC2ブログへようこそ!

    Gender: Male
    Birthday: May 1
    Hometown: Kumamoto
最新記事
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

F1 IndyCar インディカー 佐藤琢磨 インディ500 小林可夢偉 スーパーアグリ 角田裕毅 eスポーツ eSports 中嶋一貴 武藤英紀 

天気予報

-天気予報コム- -FC2-